サイト内検索:

1996年のマイクロソフトのPDCでWebObjectsについてデモするスティーブ・ジョブズ

おおお、このビデオは初めて観た!

1996年のマイクロソフトのPDC(Professional Developers Conference)でベータ段階のNeXTのWebObjectsについてスティーブ自らがプレゼンテーション&デモをしているというビデオです。

1996年なのでWebの技術もとても最初の頃で、ブラウザなんて今に比べたらもうお話にならないぐらいプアだった頃のデモ、というのを念頭において観ないと「なんでこんなことにこんなに熱く語っているのだろうか?」と不思議でしょうがないことでしょう。

ここで行っているデモはWebObjectsを紹介するときによく使われていたものです。

DODGE DEMOと呼ばれているやつはNeXTのホームページでも実際にアクセスして試すことができたので体験してみた方もいるかと思いますが、もうひとつのOAGという飛行機のチケット予約をするサイトの方は初めての方も多いのではないかと思います。

OAGの方はIBMのメインフレームで動作していた予約システムのフロントエンドをWebに移植した、というやつです。これは本当に動いていてちゃんとチケットを予約してしまいます。デモの度に飛行機のチケットを予約&キャンセルしているわけで、そのうちブラックリストに載るんじゃないかと思いながら毎回見ていました。

ちなみにDODGE DEMOですが、多分ステージにはスクリーンが2つあって、ローン計算をするシーンでは方々のスクリーンでExcelが動いていて、ローン費用の計算をNeXTのD'OLE(Distributed OLE)を使ってExcelにさせて、その結果をWebObjectsが受け取ってブラウザに返してあげる、ということを見せているのだと思います。ブラウザ側で値を変更する度にExcelが再計算するのが当時は不思議でありながら面白かったです。

なんにしても貴重なビデオが公開されてよかったです。


PDC 1996 Keynote with Bob Muglia and Steve Jobs | PDC 1996 | Channel 9

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年12月18日 20:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「操り人形のビートルズによる「HELP」」です。

次のブログ記事は「12月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。