サイト内検索:

BoseのQC20の人気が高い理由がわからない。

ちょっと変わったニューズレター「iWire」の23号は「発売から1年あまり、日本での売り上げも好調?! Boseのノイズキャンセリング・ヘッドホンQC20とは?」ということで、Boseのノイズキャンセリング・ヘッドホンQC20についてです。

ん?これ、ヘッドホンといってますがイヤホンの間違いじゃないですかね。QC20ってイヤホンタイプしか見つからないのだけど。

【国内正規流通品】BOSE QuietComfort20 ノイズキャンセリング・ヘッドホン(インイヤータイプ) 【国内正規流通品】BOSE QuietComfort20 ノイズキャンセリング・ヘッドホン(インイヤータイプ)

あ、でもBoseのホームページでは「インイヤータイプのノイズキャンセリング・ヘッドホン」と呼んでますね。うーむ。

ボーズ クワイアットコンフォート20

それはさておき、このQC20ですが昨年8月に発売になってもう1年以上経っているのにまだ売れているそうです。なんでそんなに人気あるんでしょうか。そんなに世の中ノイズまみれなんでしょうか。

その人気の理由としてiWireでは「日本人はボウズ好き?!日本で売れ行き好調の理由はあるのか?」として坊主にまつわるあれこれを紹介していました。

日本人は実はボウズ好き!「坊主」にまつわる慣用句や言葉、三日坊主、テルテル坊主、坊主憎け りゃ袈裟まで憎い、百人一首の坊主めくり、釣で一匹も釣れないことを表して「坊主」、坊主丸儲け、生臭 坊主。。。。。。などなど。そもそも僧侶であるお坊さんを若干ディスったような表現が多いが、つまりはそ れだけボウズが日本人に親しみがある、ということである!

いや、私もサイボウズは好きだけどそこまで坊主好きではないよなあ。

ちなみにこのBoseと坊主のネタなんですが、前に勤務していた会社にBoseの人が営業でCDオーディオを売りに来た時にデモをやっていたんですが、その時に総務の人から「ぼうずが来てデモするから時間あったら会議室まできて」とかいわれて、「坊主が何のデモをしにきたんだ!自動お経読み上げシステムか!?」とまじめにお坊さんがきたもんだと信じ切って会議室に行ったのはここだけの話です。

それにしてもなんでQC20の人気って高いんでしょうかねえ。お安いものでもないし・・・。

インフルエンサーワイヤー


iWireとの関係について

インフルエンサーワイヤー(iWire)事務局から委託を受け外部編集委員をつとめています。ブロガーの立場から、ニューズレターの編集やサービスについてアドバイスしています。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年12月 1日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「写真を3Dプリンタで3D化してみると」です。

次のブログ記事は「12月2日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。