サイト内検索:

音を可視化してアートっぽくしてみた「CYMATICS」

音には波形があるので、音が鳴らして何かを動かすことができるわけですが、音によって波形が違うのでその動きはそれぞれ違ってきます。

そんなことを目で見える形にしてうまいこと編集してアートっぽくしたのがこのビデオです。

共振板の上に粉みたいなものを巻いて音で共振させるとそこには何かしらのパターンが生成されます。スピーカーの近くに水を配置すれば水面が揺れます。

それらの動きをお楽しみください。


CYMATICS: Science Vs. Music - Nigel Stanford - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2014年12月 3日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まさにガッデム!な映像集」です。

次のブログ記事は「タンカーの中の燃料の残量をライターを使って見てみようとした結果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。