サイト内検索:

マウスにキーボートを付けた、って感じの「KeyMouse」がKickstarterに

キーボードでキーをタイプし、マウスに持ち替えてポインタを操作し、またキーボードに戻ってタイプし、といった作業を人は1日に何回するのだろうか。

ということで、キーボードとマウスを一体化させればいいのではないか、と考えた人がいたようで、その方が作られたのが「KeyMouse」です。こんな感じです。

KeyMouse

なんかマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードみたいですが、大きさは思ったより大きくなかったです。

右側がマウスの役割を果たしまして、底にレーザーとセンサーがついているので右のやつを動かせばカーソルを動かすことができるようです。

KeyMouse

キーはたくさんあるような気がするのですが、実際はそんなにないので左側にある黄色と水色のファンクションキーを使ってそのあたりをカバーするようです。

KeyMouse

メインキー以外にプログラマブルキーも用意されていて、ユーザがそれぞれのキーの独自の機能を割り当てることもできるようです。

KeyMouse

で、普通の形と違うキーボードは作るのとってもたいへんだよねえ、と思ったらやっぱり試作品の完成までに数年かかっているようです。ハードウェアだけじゃなくドライバも作らなきゃいけないからほんとたいへんですよ。普通の形のキーボードだったら、台湾のマニュファクチャに行けばものすごい数の種類があるのにね。

そんなわけでお高いのかなあ、と思ったらやっぱり$250ぐらいするようです。でも多分この値段は相当がんばっているものと思われますし、エルゴノミクスキーボードの一種だと思えば、普段から腱鞘炎で悩んでいる人はもしかするとこの「KeyMouse」が解決してくれるかもしれませんので、興味のある方は検討してみてください。


KeyMouse™ - The Keyboard and Mouse Re-invented! by KeyMouse -- Kickstarter

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年1月21日 19:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バットマンのバットモービル型ベビーカー」です。

次のブログ記事は「1月22日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。