サイト内検索:

泡いらず! 「ナノ洗浄」でサラサラ洗う食器洗剤「Magica」

ちょっと変わったニューズレター「iWire」のvol.29は「ヌルヌルベタベタとおさらば! 魔法のようにサラサラに、食器のナノ洗い!」ということで、ベタつく食器の油汚れをサラサラに変えて落とす名の食器洗剤の「Magica」(マジカ)の紹介でした。

その落ち方がまるで「魔法のよう!」ということで「Magical」から「l」をとって「Magica」だそうです。マジか!

で、このマジカですが、私がよくいく会社の隣にある西友でもビデオを流しながら強力にプッシュしていてそのビデオを見たことがあったのですが、なんかいまいちその原理が理解できませんでした。なのでその時は商品を手に取ることなくスルーしておりました。

でも、そのヌルヌルをサラサラに変換する部分が、ニュースリリースを読んだら納得できました。ポイントは「油汚れの質を変えること」のようです。

これは「ナノ洗浄」で「油汚れを柔らかく、細かくすること」であり、従来の台所用洗剤*に比べ、油汚れを約1,000分の1のサイズまで分解するそうです。わかりやすく言うと、気球くらいの大きさのものがビー玉くらいの大きさに分解されるらしい。そうすることで、従来の洗剤*とは比べものにならないほど、油汚れが食器からはがれ落ちやすくなるとのこと。

気球くらいの大きさのものがビー玉くらいの大きさまで分解されるってことは食器の油ってどんだけ小さく分解されるんでしょうか。

で、小さく分解されるとローリングアップという現象が起き、広がっていた汚れが次第に丸くなり、食器などからはがれて浮き上がるようになり、汚れがさらりと落ちるようになるそうです。なるほどなあ。

油で汚れた食器を洗うことのやなところは使ったスポンジがベタベタになるところですよね。そんなスポンジで他のコップとかお茶碗洗いたくないし。マジカ使うとスポンジがベタベタになることもないようです。

あと泡で油を落とすわけではないので泡をしつこくすすぐ必要がなくなるってのがいいですよね。こういうのが昭和30年代ぐらいにあったらよかったのになあ。

でもまあ、こういう商品はお高いんですよね、と思ってアマゾン見てみたら147円ですって。食器用洗剤としては普通なのかな?それとも高いのかな?

CHARMY Magica(チャーミーマジカ) スプラッシュオレンジの香り 本体 230mL CHARMY Magica(チャーミーマジカ) スプラッシュオレンジの香り 本体 230mL

CHARMY Magica(チャーミーマジカ) ハーバルグリーンの香り 本体 230mL CHARMY Magica(チャーミーマジカ) ハーバルグリーンの香り 本体 230mL

CHARMY Magica(チャーミーマジカ) フレッシュピンクベリーの香り 本体 230mL CHARMY Magica(チャーミーマジカ) フレッシュピンクベリーの香り 本体 230mL

こんな感じで香りも3つあってお好みのものが選べますし、値段も手頃なので奥様のお誕生日やクリスマスプレゼントなどにいかがでしょうか。

ちなみに私は食器洗いは好きな方です。汚れたものがきれいになっていく経過を見られるというのは楽しいですからね。

そんな感じの今回のiWireでした。

インフルエンサーワイヤー


iWireとの関係について

インフルエンサーワイヤー(iWire)事務局から委託を受け外部編集委員をつとめています。ブロガーの立場から、ニューズレターの編集やサービスについてアドバイスしています。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年3月23日 18:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他人の不幸を笑っていたら」です。

次のブログ記事は「3月24日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。