サイト内検索:

心が震えるほどにうまいビールと噂の「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」を飲んできた。

サントリーさんから、

「まだ世界のどこにもない、心が震えるほどにうまいビールをつくりたい」という、サントリーの醸造家たちの想いが詰まった"夢のビールを飲みに来ませんか?

とお誘いを受けたので、そそくさと行ってきました。行ったのは17日に東京駅日本橋出口あたりにオープンしたMASTER'S DREAM HOUSEというパブです。

ぐるなび - MASTER'S DREAM HOUSE(マスターズドリームハウス)(丸の内/パブ)

行ってみたらお店の中はイベントやるぞ!って感じになっておりました。ああ、なるほど、17日に発売した「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の発表イベントだったんですね。

Untitled

そんなわけで、ただ単に心が震えるほどにうまいビールを飲むだけではなく、いろいろ面白いお話が聞けました。儲けた!

まずはビール評論家の藤原ヒロユキさんと醸造家の丸橋太一さんによるトークショーです。こちらの2人はどちらもビールに関してはすごい経歴の持ち主で、ビールに対する知識や経験の深さにもう脱帽でした。

Untitled

そんな2人が文句なし、と言っていたのがこの「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリームなわけです。

Untitled

モンドセレクションの「ビール部門グループ」で国産ビール製品初の最高金賞を受賞した「ザ・プレミアム・モルツ」よりも「うまい!」って自信を持って言っているんですよ。そりゃ気にならないわけないじゃないですか。

そんなわけで期待度120%で飲んでみました。

なるほど、確かにうまいですね。「ザ・プレミアム・モルツ」より奥行きがあるというか深い味わいです。「ザ・プレミアム・モルツ」でもすごく美味しかったのに、あれより上ができるだなんて。この先、またこれよりうまいの作っちゃうの?作れるの?って感じです。

で、このお店ではプレミアムモルツの飲み比べセットというメニューがあって3つのプレモルを飲み比べることができます。

Untitled

ああ、こうやって飲み比べてみると味の違いは歴然ですね。とはいえ、それぞれに捨てがたい魅力があるので、シチュエーションに合わせて選びたいものです。「香るプレミアム」は昼間にジュースのような感じで飲みたい時にぴったりだし、プレモルは繊細な味の料理にぴったりだし。

「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」はそれ単体で飲むといい感じの苦みが楽しめるのですが、塩っけのあるハムなどと一緒に頂くと甘みが強く感じられるようになり、いろいろなビールの表情を楽しむことができました。

で、なんで美味いのか、なんですが、ダイヤモンド麦芽という希少麦芽を手間をかけて丁寧に仕込むことでそれを実現しているのだそうです。

beer

で、ダイヤモンド麦芽はダイヤモンドというぐらいなのでとても固いので、3回も手間と時間のかかるデコクション製法で胴釜で煮出すことで、濃厚で香ばしい麦汁を抽出することに成功したそうです。

というのが美味さの秘密のようです。

まあ、こういうのは好き嫌いもありますし、何よりもまず飲んでみないことにはなんとも言えないかと思いますので、お店で見かけたら是非一度トライしてみてください。

あ、「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」は缶じゃなくて瓶ですよ!

そして最後にひとつ、丸橋さんから聞いたTipsを。「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」はキンキンに冷やして飲むより6℃〜7℃ぐらいで飲むのが美味しいそうです。こういうお話を作った本人から聴けるのがイベントの醍醐味ですね!

Untitled

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年3月20日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子供と全力で遊ぶためのベスト - お父さんをジャングルジムに」です。

次のブログ記事は「業界第2位でもシェアはわずか0.15%という歪んだマーケットの商品とは。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。