サイト内検索:

スマホユーザーを狙うワンクリック詐欺に「シャッター音を鳴らす」などが登場

スマートフォンユーザーを狙ったワンクリック詐欺の新しい手口として、シャッター音を鳴らして写真が撮られたように誤認させる手法が確認されているとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が1日、注意を呼び掛けた。

スマホユーザーを狙うワンクリック詐欺、「シャッター音を鳴らす」など新しい手口に要注意 -INTERNET Watch

なぜシャッター音?と思ったら、

相談者の話によると、「請求画面が表示された時にシャッター音が聞こえた」ため、写真が撮られてしまったのではないかと不安を覚えたという。

写真を撮られたとしても、だからどうなるわけでもないわけですが、要は利用者を不安にさせることができればOKと考えているんですね。

IPAでは、ブラウザーによるウェブサイト閲覧だけではスマートフォンのカメラ機能を制御したり、撮影した写真をネットワーク経由で送信したりすることはできないが、利用者の操作をきっかけにブラウザー上で音楽ファイルを再生させることは可能なため、請求画面を表示させる際にシャッター音の音楽データを再生させ、利用者に自分の写真が撮影、送信されたと誤認させることを狙ったものだと考えられるとしている。

他の手口には、

また、シャッター音を鳴らす手口とは別に、登録完了画面が表示された後、電話を発信させようとするウェブサイトの存在も以前から確認されている。
この手口は、登録完了画面が出現した後に、登録に関する情報が記載されたポップアップメッセージが自動的に現れるもので、メッセージの「OK」ボタンをタップすると電話発信を確認するポップアップが表示され、「発信」ボタンを押すと実際に電話が発信されてしまう。

ああ、これは嫌ですね。電話番号が相手に伝わっちゃうから。で、これを回避しようとしても、

この手口の悪質なところは、電話発信をキャンセルしても登録完了画面に戻り、再び自動的にポップアップメッセージが現れるループ状態となることで、利用者に「発信を押さない限り、元のようにブラウザーが使えない」と思い込ませることにある。

うわー、これやられたら初心者はまいっちゃいますね。

それにしても悪いことをやっている人は実にあれこれ考え付くものです。このアイディア力をもっと違う方面で生かせばいいのに、と思う次第です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年4月 2日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トラックパッドの上に置いた手を画面に投影するトラックパッド「DuoPad」」です。

次のブログ記事は「4月3日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。