サイト内検索:

建築物としてのホテルオ−クラ本館の価値の理解を助けるビデオ2つ

8月末でクロ−ズしてしまったホテルオ−クラの本館ですが、建て直しということで世界中からその建築物としての価値から継続や保存を希望されていました。

建築デザインに疎いものとしては、オ−クラのどこにそんな価値があるのかよくわからなかったのですが、そんな私のような人でもその価値が理解できたビデオがあったのでご紹介しておきます。

最初は革製品で世界的に有名なBottega Venetaが作ったビデオです。

創業者である大倉喜七郎氏が設計を谷口吉郎氏に依頼するにあたり、「平家納経」の中に描かれている「雅」を建築で再現することを条件にしたことなど、いろいろ興味深いお話が聞けます。

2つ目はmonocle magazineが制作したビデオです。こちらは日本語字幕がないのですが、英語字幕が表示可能なので何を語っているかはそれでわかるかと思います。

個人的な思い出ですが、ホテルオ−クラといえば昔働いていた外資系企業の社長が日本に来る時に泊まるホテルがオ−クラだったので、よく呼び出されたり届ものを持っていったものです。オ−クラは歩いていくと結構疲れるんですよねえ。


Bottega Veneta pays tribute to a Modernist Architecture Collaboration - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年9月 2日 13:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月2日のラッキ−さん」です。

次のブログ記事は「一人で行っても寂しくない韓国のレストラン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。