サイト内検索:

サントリーの新ウイスキー「知多」を飲んでみた。

9月1日発売のサントリーの新ウイスキー「知多」を飲ませて頂く機会がありましたので、飲んでみた感想をば。

Untitled

ウイスキーの新商品の場合、「どんなコクなんだろう」というのに一番興味が沸くかと思いますが、今回の知多はトウモロコシをベースとしたグレーンウイスキーなのでこうした妄想は全く意味がありません。

ウイスキーは通常、モルトとグレーンをブレンドして作られるのですが、そのグレーンなんです。

モルトにはウイスキーっぽい味とかコクがあるのですが、グレーンにはそういうものがありません。

とはいえ、グレーンはとても重要で、サントリーのほとんどのブランドのウイスキーでこのグレーンが使われています。各ブランドごとの「味」を形成するのにグレーンは大事な役割を担っています。

で、今回このいつもは縁の下の力持ちというかモルトをサポートする役割のグレーンを前面に押し出してきたのが「知多」なのです。

Untitled

詳しくは「知多」のホームページをご参照ください。

サントリー「知多」

そんなわけで、ストレートで知多を飲むと正直あまり美味しくありません(個人の感想です)。

ところがホームページにもあるように、知多をソーダで割ったハイボールにしたらあら不思議!さわやかでごくごく飲める美味しいハイボールになるではありませんか!

Untitled

ホームページから引用すると、

「サントリーウイスキー知多」の魅力は、ハイボールで花開きます。その名も、「風香るハイボール」。確かな熟成感を残しながら、風のように軽やかな飲みごこち。清々しくやさしい香り、そして、ほのかな甘みがうまみを引き立てます。

まさにこの通りなんです。

これまでのウイスキーとかハイボールとは全く違う飲み物となっています。

なので、それが故にこれまで合わないだろうなあ、と思われていた味のあっさりした日本食などにぴったりです。

Untitled

お魚とか豆腐なんかに実に合います。

私は寿司にビールはちょっと違うんじゃないかと思っている人なのですが、じゃあ何がよいかというとワインは難しいし、ウイスキーなんか強すぎてだめだなあということで日本酒を飲んでいたわけですが、この「知多ハイボール」は多分合いますね。

アマゾンのレビューでも同じようなことが書かれていました。

スコッチ、バーボン、シングルモルトなど色々ウイスキーを飲みましたが、サントリーウイスキー知多は今まで飲んだウイスキーとは全然違います。ウイスキー特有の香りがぐっとくるのではなく、ほのやかな甘い感じの香りがするのが特徴。バーボンの対極にあるような味わい。とうもろこしで作っているからこそ、このような香り・味わいなのかもしれないです。
普通のウイスキーはそのものの香りや味わいが強いので、料理も味の強いもの・濃いものに相性がよいと思いますが、 このウイスキーは逆に素材そのものを味わうようなシンプルな味付けの料理の方が相性がよく、湯豆腐やおでんに合うかも。

サントリー ウイスキー 知多 700ml サントリー ウイスキー 知多 700ml

ということで、既存ラインのバリエーションを増やすわけじゃなく、まったく違うアプローチで登場した「知多」を是非一度試してみてはいかがでしょうか?日本食に合うことを発見できれば今後の人生変わりますよ。

最後に肝心の値段なのですが、個人的には3800円という値段は高いなあ、と思います。確かに作るのにたくさんトウモロコシを使うからってのはわかるんですが、3800円出すなら他にも選択肢いろいろありますからね。ハーフボトルで1900円ぐらいだったらワインを買う感覚で自宅食事用に購入できるかなあって感じですので、是非ハーフボトルも検討して欲しいです。

まあ、外で飯食いながら飲む分には問題ないんですけどねw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年9月 9日 18:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【これは凄いマッシュアップ】色々な映画の主役が1つのクラブに集まったら。」です。

次のブログ記事は「9月10日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。