サイト内検索:

Pixarの20年をアンドリュー・スタントンのトークにのせて

20 years ago, Toy Story was released. Take a trip through Pixar's history, accompanied by writer and director Andrew Stanton's TED Talk on how to tell a great story, and Michael Giacchino's award-winning music from "Up".

Kees van Dijkhuizen jrさんというオランダに住む22歳のフィルム編集者の方がピクサーの20年間の作品を2分弱のビデオにまとめたものです。

ナレーションは2012年に「The clues to a great story」と題してピクサー・アニメーション・スタジオに所属する映画監督・脚本を担当のアンドリュー・スタントンさんが講演した時のものが利用されています。

このビデオでは字幕が利用できますので、それが役に立つでしょう。字幕は自動翻訳で日本語にすることもできます。翻訳された字幕はちょっとへんなところもありますが、まあ使えるレベルでしょうか。

「人が昔体験したものの今は忘れてしまっている何か」を思い出すきっかけを与えることによって多くを語らずに共感を得る、というのはなるほどなあと思いました。

ピクサーの20年、ということで初期のシーグラフ出展作品や劇場公開本編のおまけ的ショートムービーなども網羅されていていろいろ懐かしいです。

ちなみに私はピクサーのハードウェアを売ってたし見たことがあるんですよ。すごいでしょw


Pixar: 20 Years - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2015年12月 1日 17:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12月1日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「人間の命令を聞かない人工知能搭載ロボット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。