サイト内検索:

地上共振テスト中に自らバラバラになっていくヘリコプター

A ground resonance test gone wrong...

グランドレゾナンス(地上共振)のテスト中に失敗してバラバラになっていくチヌークという名のヘリコプターです。

この地上共振ですが、どういうものかというと、

地上共振

接地のショックがメインローターに伝わり、各ブレードのバランスが一時的に崩れて振動が発生する。
この振動が機体に伝わり、車輪式のヘリなどではこの振動とタイヤやオレオの反動(=固有振動数)が共振し、振動が加速度的に大きくなっていく現象。 再浮揚するか、しっかり接地するのが対処法。中途半端に接地している状態は一番キケン。

ということで、ヘリコプターというのは着地するときが結構やばいんですね。


Chinook ground resonance - back - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年3月11日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中華料理屋でフィンガーボート」です。

次のブログ記事は「勇気ある小さなヒーロー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。