サイト内検索:

地下鉄の中で嘘の表紙の本を読むというイタズラ

Subways are a great place to catch up on your reading. But how do people react to book covers that are a little embarrassing, and also pretty hilarious? Watch how people react to comedian Scott Rogowsky "reading" some ridiculous books in public.

電車に乗っている時に席の前の人が読んでいる本のタイトルが「えっ!」って感じのものだったらあなたはどんな反応をするでしょう。

ということで、コメディアンのScott Rogowskyさんがいろいろな変なタイトルの本を読んでいるふりをしたときの周りの反応をお楽しみ下さい。

例えばブッシュ前大統領が表紙で「IF I DID IT:How I Would Have Done 9/11」とか「Gone Girl 2: Even Goner」とか「おならの掴み方」とか「ちんちんを大きくする101の方法」とかトランプの伝記とか、確かに興味を引きそうなタイトルが並びます。

わかんない単語が出てきたらビデオを止めてオンラインで調べてみて下さい。意味がわかったらにやってしますよ。


Taking Fake Book Covers on the Subway - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年4月 8日 18:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハリウッドのユニバーサル・スタジオに「The Wizarding World of Harry Potter™」がオープン」です。

次のブログ記事は「デビッド・ボウイの最後の新曲「I Can't Give Everything Away」のPV」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。