サイト内検索:

映画「北北西に進路を取れ」と「スターウォーズ」マッシュアップ「DARTH BY DARTHWEST」

皆さんはヒッチコック監督の映画というのを見たことがあるでしょうか?

ヒッチコック監督の映画というのはまずシナリオの面白さがあるのですが、それに映像の面白さもあります。CGがなかった時代にどうしてこんな絵が作れたのか実に不思議なのですが、それは同じく映画監督のフランソワ・トリフォーがヒッチコックにインタビューした「ヒッチコック映画術」という本を読むとそのネタがすべてわかります。

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー 定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー

で、そういうネタがわかった上で再度ヒッチコック映画を観るとこれがまた面白いんですよねえ。

というおじさんトークはこれぐらにして、ヒッチコック作品の中でも評価の高いものとして「北北西に進路を取れ」というのがあります。

北北西に進路を取れ [Blu-ray] 北北西に進路を取れ [Blu-ray]

これぞ傑作。見事な演技、卓越した技法、存分のユーモア、サスペンスにお誂え向きのロケーション、おまけに情事もたっぷり

ストーリーは、

ケーリー・グラントが、銀幕における究極の逃亡者を演じるのは、サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックとの、4度目にして最後の顔合わせとなる作品。彼が演じるマンハッタンの宣伝マンが、スパイ(ジェームズ・メイスン)と逆スパイ(エバ・マリー・セイント)の暗躍する世界に巻き込まれ、誘拐され、殺人の罪を着せられ、追跡され、そしてかの有名なシーンで、たっぷり農薬を浴びせられる。さらにラシュモア山に刻まれた大統領の顔に、命がけでしがみつく羽目にも。 数あるハリウッド作品でもすこぶる面白いスリラーが、最新の復元技術で蘇る。 生まれ変わった映像の持つ生命力に、観る者は追跡劇そのものと同様に、息を呑むに違いない。

というものです。ね、面白そうでしょ。

で、そんな「そしてかの有名なシーンで、たっぷり農薬を浴びせられる。」シーンにスターウォーズのTIE Fighterを登場させたのがこのビデオです。

上のBlu-rayのジャケット見てもわかりますが、オリジナルはセスナ機ですね。

サスペンス映画の「北北西に進路を取れ」もTIE Fighterが登場すると「X-File」のような雰囲気になるのが不思議です。

ということで、これを機会にヒッチコック映画を観てみてください。


"DARTH BY DARTHWEST"-"VADOR AUX TROUSSES". Short Film. from Fabrice Mathieu on Vimeo.


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年5月20日 17:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月20日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「生まれながらに指がない青年が弾くピアノ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。