サイト内検索:

pencilinaという楽器

anybody meet Bradford Reed in the street in 2002? this is the early days(kind of) of Bradford Reed when he met this crazy videographer(whom is me)in the street,now you know after many years this guy still stick with his own self-made instrument 'pencilina'.

pencilinaと呼んでいるチターとか琴に似た自作の電気楽器です。棒で叩いたり弓で弾いて音を出すようです。

これを作って演奏しているのはブラッフォード・リードさんという路上音楽家の方です。

「ブラッフォード・リード」で検索してみたら、ホッピー神山と一緒にCDを作ったこともあるようです。

あわおとこのお話 あわおとこのお話

メジャーからアンダーグラウンドまで、数多くのプロジェクトと柔軟なフットワークで活動するホッピー神山がニューヨークで遭遇した路上音楽家ブラッドフォード・リード。自作弦打楽器「ペンシリナ」を駆使した一人ロック・バンドとでも形容すべき驚異的なパフォーマンスを展開し、自主制作盤「Live at Home」、ゴッドマウンテンからの「Slut」、「Firefishers」を発表するユニークな才人です。

なんつうか、70年代の実験音楽とかアンダーグラウンド映画のサントラみたいな音が出ますねえ。

飽きるまで見てください。


Bradford Reed and his pencilina in SOHO-----new york videodyssey(225) - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年8月17日 19:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「スピード」の止まれないバスにハリウッドスターが乗り込んだら」です。

次のブログ記事は「スーツで傘やバッグで殺陣を披露するサラリーマン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。