サイト内検索:

左右の目の色が違う白い双子の猫

オッドアイ、ってやつですか!

オッドアイ (ネコ)

オッドアイ(英:Odd-eye)は、猫の目に見られる左右の虹彩色が異なるという状態、すなわち虹彩異色症、あるいはそれを有する猫のことである。 オッドアイを有する猫は、どのような毛色の個体にも存在するものの、白猫に特に多く、いわゆる純血種では、ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルという3品種に現われやすい。ジャパニーズボブテイルの場合は、白地の三毛の個体に特に多く見られる。

白猫にはよくあるんですねえ。知りませんでした。

その色の組み合わせは、片方が青色で、もう片方が橙色、黄色、茶色、緑色のどれかであることが通常である[3]。一方が黄色で、他方が黄味の無い淡銀灰色あるいは淡青色の場合、日本では「金目銀目(きんめぎんめ)」と呼ばれ、縁起の良いものとして珍重されてきた。

こちらの猫は青色と橙色のパターンですね。

それにしてもきれいですねえ。

Iriss&Abyssさん(@sis.twins) • Instagram写真と動画

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年8月 9日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「18mの深さの井戸に落ちたレパードの救出作戦!」です。

次のブログ記事は「「派手に転ぶ」イタズラをする女性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。