サイト内検索:

スカンクを助ける勇気ある人

ビデオのタイトルが「The bravest thing I've ever done」(私がこれまで行った中で最も勇気あるもの)というだけあると思います。

コーラの缶に頭が入って抜けなくなったスカンクを助けてあげよう、というビデオなのですが、相手がスカンクですからね。これは相当びびります。

スカンクといえばマンガでおならが臭いということは知っているかと思いますが、本物は臭いなんてもんじゃありません。

スカンクについてWikipediaで調べてみると、

スカンクの悪臭は肛門傍洞腺(肛門嚢)から放出される分泌液によるものである。食肉類の多くは肛門傍洞腺(肛門嚢)を有するが、そこから放出される分泌液を相手に吹きかける能力やその臭いの強烈さに関しては、スカンク科の動物は特に際立っている。匂いを直接かいでしまうと、悪臭にのたうち回る。

そうなんです。のたうち回るほどの悪臭なんです。超辛いもの食べてひーひー言っているレベルのひどさじゃないぐらいひどいです。

スカンクは肛門傍洞腺(肛門嚢)を取り囲む筋肉を収縮させることによって分泌液を相手の顔を目掛けて噴射する。これは4〜5m離れていても命中させることができる。分泌液が目に入った場合、一時的に目が見えなくなる。

この驚異の命中率!しかもですよ、

分泌液は皮膚の蛋白質と強く結合するため、皮膚に付着した分泌液を取り除くことは困難である。

臭いのがずっと取れないんです!なので、

また、分泌液が付着した衣服は脱臭が困難なため、破棄せざるを得ない。

ちなみにどれぐらい臭いのかイメージできない人にはこれでどうでしょうか?

悪臭の範囲は風向きによっては2km近くにも及ぶ。

2km先まで臭いんですよ。それが目の前にあるんですよ。やばいですね。

私は昔サンフランシスコの山を車で運転していたときにこのスカンクの臭いをかいだことがあります。車で走っていたら変な臭いがしてきたので「なんか臭くない?」って聞いたら地元の人が「ああ、きっと誰かがスカンクを車で轢いてしまったんだろう。スカンク轢いた車はもう廃車するしかないんだ。僕等も死骸を轢かないように注意して運転しなきゃ」って感じでした。

というわけで、それぐらいやばいスカンクを助けてあげるビデオです。ほんと勇気あると思います。


The bravest thing I've ever done - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年9月27日 19:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スターウォーズ柄のスーツが約$100」です。

次のブログ記事は「9月28日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。