サイト内検索:

大量に賞を受賞しているのだけど私にはそのよさがわからないショートムービー「Borrowed Time」

下のビデオのサムネイルを見ればわかりますが、50個以上の賞を受賞している作品です。

A weathered Sheriff returns to the remains of an accident he has spent a lifetime trying to forget. With each step forward, the memories come flooding back. Faced with his mistake once again, he must find the strength to carry on.

ストーリーは、年老いた保安官が子供の頃事故で父親を亡くしてしまった場所に戻ってきて死のうとしたんだけど、あることがきっかけで生き続けようと思った、って話のようなのですが、まあ途中までは背景の説明だったんでそれは理解できたんだけど、最後のシーンでなんで死ぬのをやめたのかがよくわかんなかったし、あとタイトルの「Borrowed Time」(借りてた時間)ってのもなんでそんなタイトルになるのかもわかんなかったわけで、だめですね、私。

ということで、私には理解できなかったんですが、これだけ賞を取っているのは理由があるからで、そのあたりは聡明な皆さんならわかって感動するかと思いますのでご紹介することにしました。

セリフ(英語)はほとんどありませんし、完全に無視しても大丈夫ですので是非ご覧下さい。


Borrowed Time from Borrowed Time on Vimeo.


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年10月18日 18:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハロウィーン向けにトントン(tauntaun)に乗ったルークのコスプレをする少年」です。

次のブログ記事は「10月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。