サイト内検索:

「MATCH CUT」手法で異なる映画をどんどんつなげてみる

映像の世界には「ビジュアル・マッチ・カット」という手法があるようで、これは何かというとシーンの終わりの映像の中のとある部分や動きを次のシーンのそれに被せていくことでスムーズな場面切替を行えるようになるもののことだそうです。

ということで、その手法を使って以下の映画をどんどんつなげていくという試験的ムービー「MATCH CUT: The Art of Cinematic Technique」です。

Stoker (2013)
Psycho (1960)
Frida (2002)
The meaning of life (1983)
Minority Report (2002)
Up (2009)
Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl (2003)
Forrest Gump (1994)
Ed Wood (1994)
Indiana Jones and the Last Crusade (1989)
Shrek (2001)
Memento (2000)
Perfect Blue (1997)
The Frighteners (1996)
Grease (1978)
The Graduated (1967)
Crash (2004)
Close Encounters of the Third Kind (1997)
Scott Pilgrim vs The World (2010)
The Lord of the Rings: The Two Towers (2002)
Tarzan (1999)
Titanic (1997)
2001: A Space Odyssey (1968)
Un Chien Andalou (1929)
City of God (2002)

「マッチ・カット」使うと吸い込まれるように次のシーンに切り替わっていくのが気持ちよいです。


MATCH CUT: The Art of Cinematic Technique from Celia Gómez on Vimeo.

MATCH CUT: The Art of Cinematic Technique on Vimeo

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年10月26日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月26日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「ドローンを使って高い所にある電球を交換してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。