サイト内検索:

2016年のAppleのホリデー広告の主役はフランケンシュタイン

An unexpected holiday visitor finally receives the warm welcome he's always yearned for.

2016年のAppleのホリデー広告の主役はフランケンシュタインです。

これが実にお金かけられて作られておりまして、ちょっとしたショートムービーとなっております。

ざっくりストーリーは紹介すると、山奥にひっそりと一人で暮らしているフランケンシュタインがオルゴールの音楽をiPhoneに録音し、それを持って街中に下りていって録音した音楽に合わせてペリー・コモの「There's No Place Like Home for the Holidays」歌を歌うのですが、途中でやめてしまったところ、子供が一緒に歌い出したので再開し、最後はみんなで合唱する、というものです。

うーん。なんで山から街に下りてこなければならないのかとか、なんで歌おうと思ったのか全然わかんないんだけど、とりあえずみんなはフランケンシュタインを嫌っているけど、そんな中で最後のメッセージ「Open your heart to everyone」が表示されると「ああ、なるほどね」って感じになりました。

このフランケンシュタインってトランプさんのことなのかなあ。それとも今のアメリカは差別が横行しているようだからそれに対するメッセージなのかなあ。

なんてなことをいろいろ考える広告でした。


Apple - Frankie's Holiday - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年11月22日 16:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月22日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「スマホのケースに収納できるぐらいの大きさのカメラ付きドローン「AirSelfie」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。