サイト内検索:

米国大統領選挙の投票日はなぜ火曜日なのか。

Tuesday voting is highly inconvenient, so why do we still do it?

米国大統領選挙の投票日はなぜ火曜日なのか?

まあ今の時代、ググっちゃえばすぐにこの答えはわかるかと思いますが、それをおもしろおかしく説明していたビデオがあったのでご紹介しておきます。これはちょっと英語わかんないと面白くないので英語の字幕を表示させながら見るとよいかと思います。

で、なんで投票日は火曜日かというと、これは1845年に遡るお話で、ホントは日曜日を投票日にしたかったのだけど、日曜日は安息日(サバス)なので日曜日は何もしちゃいけないわけです。じゃあ月曜日にすればいいかというと、昔は投票所があった首都にいくまで結構時間がかかる人がいて、例えば馬車などで1日かけて移動していたりしたわけです。フォードの創業は1903年6月16日ですから車も一般的じゃなかった時代なわけです。

で、月曜日を投票日にすると日曜日に出発しなきゃいけないわけで、でも日曜日は安息日だから何もできないんで、月曜日に出発して到着が火曜日だから投票日を火曜日に、となったようです。

で、1845年に決まったこの法律ですが、さすがに今はそんなことはないし、火曜日よりは土曜日とか日曜日にした方が投票率も上がるわけですから、最近はそうしようと法律を変える動きがあるようです。火曜日なんて普通にみんな仕事してて投票所にいく時間ないですよね。


Voting On Tuesday - How Is This Still A Thing?: Last Week Tonight with John Oliver (HBO) - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年11月 8日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月8日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「2つのHDカメラを内蔵したApple Watch用バンド「CMRA」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。