サイト内検索:

パーキンソン病患者の手の筋肉の震えを抑える時計の発明

テクノロジーが誰かを救うという1つの例でしょうか。

When Emma Lawton was 29 she was diagnosed with Parkinson's disease. As a graphic designer, drawing is a huge part of her life but over the past three years the tremor in her hands has grown more pronounced stopping her from writing and drawing straight lines. Enter Haiyan Zhang and her invention that is changing Emma's life.

Emma Lawtonさんが29歳の時にパーキンソン病であると診断されたそうです。

グラフィックデザイナーであったEmmaさんは人生のほとんどを線を引くことで過ごしてきたのですが、その後3年に渡って手の震えが大きくなりまっすぐな線が引けないほどひどくなっていったそうです。

そこに登場したHaiyan Zhangさんによる発明がEmmaさんの人生を変えた、と。

で、この発明ですが、手の震える方向と逆に方向に振動を起こして脳を混乱させるというものらしいのですが、それを時計のように腕に装着するデバイスに仕上げました。ほんまかいな?と思いつつもその時計を装着したEmmaさんは線をまっすぐに引き事もできるし細かい字で自分の名前を書くこともできるようになりました。

この発明、使ってみたい人もいるんじゃないでしょうか。もしそんな方が身近にいたらこのビデオを紹介してあげてください。


This invention helped me write again - BBC Stories - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2016年12月13日 18:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「警察に捕まりながらのプロポーズ」です。

次のブログ記事は「手でおならの音を出してジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」を演奏する男」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。