サイト内検索:

中国のとある村での手延べ素麺を作っている様子

In a Chinese village of 300 people, 51-year-old Lin Fagan continues a centuries-old tradition of making noodles by hand. But these aren't just any noodles--these thread-thin suo noodles measure nine feet in length and take 16 hours to produce. Fagan and his wife make them every day, but with time the practice may disappear, as only the town's senior residents know the secret to these special noodles.

人口約300人の中国のとある村に住む51歳のLin Faganさんは何世紀にも及ぶ製法を使って手作業で素麺(そうめん)を作っているそうです。作るのに16時間かかるのですが、毎日毎日奥さんと一緒に作っているそうです。ここで作られる麺には秘密があるそうなんですが、それはその村に住む年寄りしか知らないそうです。

という説明を受け以下の「へー、こうやって作っているんだ。手作業はたいへんだな。」的なビデオになるわけですが、日本でも手延べ素麺は作られていて、その製法は一般に公開されていました。

手延べそうめんの製法

面白いことに「カケバ」という2本の棒に8の字型に素麺を引っかけていく製法とか「かげぼし」など、手順はほとんど同じですね。でも日本式だと2日かかるようです。

こんなに手間がかかるのに素麺って安いですから日本じゃ手作業での製造は廃れていくでしょうが、それでもまだ手作業で作っているとことはあるようです。

手延べ素麺揖保乃糸 上級 1kg 手延べ素麺揖保乃糸 上級 1kg


The Art of Making 9-Foot Noodles by Hand - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年1月27日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「シュレック」が参考にした他の映画」です。

次のブログ記事は「「I am not a Robot」を突破するロボット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。