サイト内検索:

Conditional Adversarial Netを使ったImage-to-Image変換

We investigate conditional adversarial networks as a general-purpose solution to image-to-image translation problems.

conditional adversarial networksってのが具体的にどんなのかわからないのですが、まあそういうのを作られたようです。

These networks not only learn the mapping from input image to output image, but also learn a loss function to train this mapping.

で、このネットワークは入力イメージから出力イメージへのマッピングを学習するだけではなく同時に失われた機能もこのマッピングから学習するようです。

まだよくわからないのですが、つまりこういう画像変換ができるそうです。

Image-to-Image%20Translation

GitHubでLinuxとOSX用のコードが公開されているので興味ある人は試してみるとよいかもしれません。

あとWebサイトもあってこちらではもうちょっとインタラクティブに変換の様子を見ることができます。

Image-to-Image Translation with Conditional Adversarial Networks

デモ

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年2月22日 13:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シタールでヘビーメタルを弾いてみると」です。

次のブログ記事は「2月23日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。