サイト内検索:

矢が真ん中に当たるように移動するダーツのマト

I have been working on this board for over 3 years. Super pumped to finally share it with all y'all.

矢が真ん中に当たるように移動するダーツのマトです。

完成してしまえば、どんな投げ方をしても当たるのでつまらなくなるかもしれませんが、ポイントは多分このシステムでしょう。

元NASAのエンジニアのMark Roperさんが3年かかって作ったこのシステムは大学の研究室の学習用テーマとして面白いかもしれません。

概要はこんな感じです。

Summary: I fulfilled a 3 year long dream to create a dartboard where you get a bullseye every time thanks to some engineering. Basically, you throw a dart and then a Vicon motion capture system tracks the dart in the air. We use those x,y,z positions in matlab to predict where the dart will land using some regression analysis. Once we know where it will land, we move the board to the right spot using 6 stepper motors that attach to the back of the board using fishing line. All of this happens in 400ms or so. Then we took it to a bar to see what people would think of it (SPOILER ALERT: they liked it) Video brought to you by Dollar Shave Club


Automatic Bullseye MOVING Dartboard - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年3月22日 14:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「重ねたカップに息を吹きかけもう一つの空のカップに移動させる」です。

次のブログ記事は「七面鳥警察だ!その喧嘩、ちょっと待った。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。