サイト内検索:

小型のジェットエンジンを手足につけて宙に浮くことに成功した男

One day in early summer last year, Richard Browning headed to his farmyard in the English countryside. He attached a kerosene-fuelled micro gas turbine - effectively a small version of a plane engine - to each of his arms and legs. Then he carefully pressed the throttle trigger in his right hand. For months, Browning had been working on this secret project. Now the moment of truth had arrived. In the modest surroundings of the UK countryside, "UK's Iron Man" took to the sky. Sort of.

去年の夏からRichard Browningさんはジェット燃料のマイクロガスタービンを使った超小型の飛行のエンジンを手足に装着し空へ飛ぶことを始めたそうです。

そして数ヶ月後、こんな感じで宙に浮くことができるようになったそうです。

空飛ぶってのはいいんですが、落ちた時のことを考えると怖いですよねえ。パラシュートが使えるぐらい高く飛べればいいんだけど。


Richard Browning is a real-life Iron Man - with his own flying suit | WIRED - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年4月 3日 18:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Zappos.comのエイプリルフールネタ」です。

次のブログ記事は「映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の予告編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。