サイト内検索:

猿がロープを伝って移動するような動きをするロボット

Georgia Tech's Tarzan robot is designed to hang above crop fields to inspect plants as they grow. It can swing like a gibbon or sloth along a suspended guy-wire

ジョージア工科大学で開発されているロボットは手長猿やナマケモノのような動きでロープを伝って移動するタイプのものです。

主に畑の作物の生育状況などをチェックすることを目的としているそうです。

でも、それだったらドローンでいいんじゃね?と思ったら、このロボットは低エネルギーで稼働すること、つまり太陽光発電を使って24時間充電することなく稼働するところがアドバンテージになっているそうです。太陽光発電だけで動作するなら素晴らしいですね。


Tarzan the Robot - YouTube

詳しくは以下のサイトで。

Creating The Next In Robotics

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年4月13日 19:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドラマのセリフに合わせてドラムを叩いてみると」です。

次のブログ記事は「車を使って木を引き抜こうとした結果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。