サイト内検索:

フェンダーのストラトキャスターの製造工程

New short film "A Strat is Born" takes you on a high-speed ride through the creation of a Fender Stratocaster guitar at Fender's U.S. manufacturing facility in Corona, Calif., showing you every step from bare wood to onstage and set to a pulse-pounding soundtrack by Wayne Kramer.

YouTubeのFenderのチャンネルで2012年3月に公開になったビデオなんですが、未だに人気ビデオでしかも更新版がないということは今でもこんな感じでストラトを作っているんでしょう。

大量生産版というか標準的なストラトの製造って相当自動化されているのかと思って見始めたのですが、全然自動化されてなくって人しかいないじゃないですかw

ペグとかブリッジの設置とかフレット打ちとか、何なら弦を張るところも機械化されていてもおかしくないんですが、始終人がやってますねえ。

だから高いのか!?w


A Strat is Born | Fender - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2017年7月18日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エサのためなら複雑な機構も理解する犬」です。

次のブログ記事は「7月19日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。