サイト内検索:

Epic GamesがNVIDIAとIMLと組んでGDC2018で披露したリアルタイム・レイトレーシングのデモ

Epic GamesというかEpic GamesといえばUnrealエンジンなんですが、そんなわけでUnreal Engine 4とマイクロソフトのDirectX Ray Tracing API (DXR)とNVIDIAのRTX technology for Volta GPUsを使ってスターウォーズの「フォースの覚醒」と「最後のジェダイ」のキャラクターを使って披露したリアルタイム・レイトレーシングのデモです。

正直このビデオを観る限りリアルタイムでレイトレーシングしているのかどうかはわからないのですが、多分ほんとにリアルタイムなんでしょうね。

いやーすごい時代です。30年前なんて単純な球とか立方体をターゲットにレイトレやったら平気で1日以上かかっていましたからね。それがこんなに複雑で多光源な状態でリアルタイム処理されるとは・・・。

もっと詳しく知りたい人はGDC2018のニュース記事を探してみて下さい。

いやー、いい時代になったもんだ。


Reflections Real-Time Ray Tracing Demo | Project Spotlight | Unreal Engine - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年3月26日 19:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「凍った坂道と一人の男」です。

次のブログ記事は「3月27日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。