サイト内検索:

ISO 3103で規定された正しい紅茶の入れ方

As far as I can find, no-one has actually made a International Standard Cup of Tea - ISO 3103 or BS 6008 - for the internet before. Lots of people have talked about it, but that's easy. Making one? That requires precision... and some specialist equipment.

まさか正しい紅茶の入れ方がISO(国際標準化機構)で制定されていたとは。

ISO 3103

ISO 3103は、国際標準化機構によって定められた、紅茶の淹れ方の標準である。1980年に英国規格協会が定めたBS 6008:1980を基にして、第34技術委員会(食品工業)の第8副委員会(茶)で定められた。

とはいえ、これがイングリッシュスタイルのトラディショナルな紅茶の入れ方というわけではなく、

この標準では、紅茶を淹れる適切な方法を示すのではなく、科学的な試験に供する際の紅茶の調整法を定めている。そのような試験の例としては、収穫期ごとに行われるブレンド茶の味の検査などがある。

ということで、試験をする際の手順や条件を定義したもの、って感じです。

一応どんな感じなのかを引用しておくと、

・ポットは白の陶磁器か釉薬を塗った土器とする。またポットの内側に緩くはまる蓋がなければならない。
・大きなポットを使う場合は、容量は310ml (±8ml) 以下で重量は200g (±10g) でなければならない。
・小さなポットを使う場合は、容量は150ml (±4ml) 以下で重量は118g (±10g) でなければならない。
・湯100mlあたり、2g(許容誤差±2%)の茶葉をポットに入れる。
・湯はポットの縁から4-6mmのところまで注ぐ。
・硬水は使ってはならない。
・茶葉の抽出時間は6分間である。
・抽出された溶液は、白の陶磁器か釉薬を塗ったカップに注ぐ。
・大きなカップを使う場合は、容量は380mlで重量は200g (±20g) とする。
・小さなカップを使う場合は、容量は200mlで重量は105g (±20g) とする。
・ミルクを含む試験体の場合は、紅茶を注ぐ前または後に入れる。
・紅茶の温度が65-80℃である場合、ミルクは紅茶を注いだ後に入れるのが望ましい。
・大きなカップには5ml、小さなカップには2.5mlのミルクを入れる。

ということで、これを実際にやってみたらどんな風になるのかってのが以下のビデオです。上の条件を読んでから見ると内容がよくわかります。

とりあえず見た後の私の感想は「カップは温めておかなくていいんだ」ってものでした。


Making an International Standard Cup of Tea - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年4月11日 20:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「壁のラクガキが動き出すコカ・コーラのCM」です。

次のブログ記事は「4月12日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。