サイト内検索:

目覚まし時計が開発される前には人を起こす仕事があった

Imagine life without alarm clocks. Workdays would start at noon, breakfast would be brunch, and no one would make it to class before the first bell. From the early 1800s through the 1960s, factory workers didn't have much of a choice. To get to work on time, they relied on "knocker-uppers," aka, human alarm clocks. Using long bamboo sticks, or peashooters, Britain's knocker-uppers would stroll down the streets rapping at windows to help their patrons kick-start their days.

目覚まし時計が開発される前には人を起こす仕事があったそうです。その職業はノッカー・アップといって、その仕事に従事している人はノッカー・アッパーと呼ばれていたそうです。

ノッカー・アップ

ノッカー・アップ(英語: knocker-up、或いはノッカー・アッパー英語: knocker-upper)とはかつてイングランドやアイルランドに存在した職業で、産業革命期に誕生して隆盛し精度の高い目覚し時計が入手しやすくなった少なくとも1920年代終わりまで存在した。ノッカー・アップの仕事は睡眠から起こすことであり起こされた依頼者は時間通りに仕事に取り掛かれるようになった。

で、どうやって寝ている人を起こしていたかというと、

ノッカー・アップは棍棒や短くて重い棒で依頼者のドアを叩いたり、主に竹製の軽くて長い棒で高い階の窓を叩いたりしていた。中には豆鉄砲を使ったノッカー・アップもいたという。報酬として数ペニーが週給として支払われたと言われる。ノッカー・アップは依頼者が目を覚ましたことを確信するまで依頼者の窓から立ち去ることも無かったという。

こういう仕事って世界中になにかしらの形で存在していたんでしょうかね。


Before Alarm Clocks, There Were 'Knocker-Uppers' - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年4月10日 20:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月10日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Weather ChannelにMRが導入されるようです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。