サイト内検索:

DARPAのGround X-Vehicleテクノロジーのデモ

DARPA's Ground X-Vehicle Technologies (GXV-T) program aims to improve mobility, survivability, safety, and effectiveness of future combat vehicles without piling on armor.

DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)が研究開発中のGXV-T (Ground X-Vehicle Technology) の現時点での実装デモ映像です。

GXV-Tは上の説明にもあるように身を守るための分厚い装甲なしの軍用車両を実現するための技術です。分厚い装甲をしなくてもすむようになると軽量になるため輸送も簡単だし走れる道も増えるようになるというわけです。

でも装甲がなくなると敵にやられる確率も高くなってしまうので、いかに敵から見つからない/攻撃されないようにするか、着弾を回避するかを極めることで生存確率を上げていくよう工夫されています。

で、こちらのデモです。いかに敵に見つからないようにするか等の工夫がどのように実装されているかがわかるかと思います。地形の悪いところだと車輪の形状が変わるってのもとにかく敵に見つからない道を走れるようにするためのものなんですね。

それと地形の悪いところを運転していると運転手の具合が悪くなってくるんでそれを避けるためのサスペンションシステムもすごいですね。

ちなみに将来的にはウインドウ(窓)をなくしたいので、そのためのカメラとディスプレイのようです。


Demonstrations of DARPA's Ground X-Vehicle Technologies - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年6月27日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蟹の大群の上に覆い被さって吸い込むように蟹を食べるエイ」です。

次のブログ記事は「マドリード警察の心肺蘇生を行う警察犬のデモ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。