サイト内検索:

CERNの世界初の3DカラーX線画像を生成可能なボディスキャナー

What if, instead of a black and white X-ray picture, a doctor of a cancer patient had access to colour images identifying the tissues being scanned? This colour X-ray imaging technique could produce clearer and more accurate pictures and help doctors give their patients more accurate diagnoses.

CERNを始め、Mars Bioimaging Ltd.といったニュージーランドの企業やUniversity of Otagoなどのいろいろな大学の協力で実現した3DカラーX線イメージを生成可能なボディスキャナーです。

X線画像といえば黒と白のモノクロなんですが、これはカラーです。しかも3Dなので画面内で回転させたりすることができます。

こんな感じの画像です。

X線画像がカラーというだけでもびっくりなんですけどね。

First 3D colour X-ray of a human using CERN technology | CERN

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年7月18日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もしテトリスのパーツが寒天のようなやわらかい素材でできていたら」です。

次のブログ記事は「手島啓輔さんによる「一筆龍」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。