サイト内検索:

CGで作られたピタゴラスイッチ的なやつ「TINK」

Tink is a studio project that evolved from a series of animations experiments we created in April 2018. Drawing on elements of these animations and what we'd learnt over the month we created a warehouse of experiments that was brought to life with sound design by our friends at Box of Toys.

CGで作られたピタゴラスイッチ的なやつ「TINK」です。

まあピタゴラスイッチ的なものをCGでそのまま作っても面白くはないのでCGならではの表現が楽しいわけですが、映像よりむしろ音の方が面白いというか気持ちよいので、是非ヘッドホンとかイヤホンで音を楽しみながら見てみてください。

それにしても1枚の絵の中でいろいろな部分が干渉せずに同期して動くというアニメーションを作るってのはたいへんでしょうね。


TINK by Mr Kaplin from Mr. Kaplin on Vimeo.


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年9月 6日 17:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月6日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「走査電子顕微鏡でみるヤマトシジミ(蝶)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。