サイト内検索:

クロロホルムを吸ってみたら

よくテレビや映画でクロロホルムを吸わせて気絶させて誘拐するなんてシーンを見かけるのですが、多分そういうのを見てやってみようと思ったんでしょうね。

ということでクロロホルムをタオルにしみこませてそれを口に当ててみたら期待した結果が得られたようなんですが、これ、本当なんでしょうか。

現実の世界としてはクロロホルムで一瞬で気絶するなんてことはないと思うわけです。クロロホルムだと徐々に意識が薄れていくので長い時間が必要)。

あ、このあたりはWikipediaに書いてありましたね。

クロロホルム自体は実際には多少吸引しても気を失うことはなく、せいぜい咳や吐き気、あるいは頭痛に襲われる程度である。上述の通りクロロホルムには麻酔性があることは事実であるが、これを発現させるためには相当量を吸引させなければならない。他方、過度の吸引は腎不全を引き起こし、死に至らしめる可能性が高く、麻酔として用いるためには吸引量と全身状態を管理された状態に置かねばならない。すなわち麻酔としてクロロホルムを用いるためには、かけられる側にも「麻酔される意志」が必要であるということである。

うむ。

まあでもYouTubeネタとしては面白いですね。


Guy Passes Out After Sniffing Chloroform - 1002052 - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年9月 4日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「前の車の下をすり抜けて追い抜く瞬間」です。

次のブログ記事は「9月5日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。