サイト内検索:

スピーチ中に「奴(ヒンクリー)は、またしくじった」とジョークを飛ばすロナルド・レーガン大統領

1981年1月20日から1989年1月20日まで第40代大統領を務めたロナルド・レーガン元大統領・元カリフォルニア州知事ですが、Wikipediaにはこんなページがあります。

レーガン大統領暗殺未遂事件

ということで1981年3月30日にジョン・ヒンクリーという男に銃で狙われ胸部に銃弾を受けることになるわけですが、そんなやばい状況の中でも周りに軽快にアメリカン・ジョークを飛ばしていたそうで、このあたりはこのWikipediaのページに書いてあるんですが、

レーガンのこのような機知は事件後に公にされ、「危機の際にもユーモアを忘れない」という、指導者のあるべき姿を体現したものとして称賛の対象となった。

と評価されたそうです。

で、この暗殺未遂事件に後に

後にレーガンは共和党大会での演説中、飾りつけの風船が破裂し周囲が銃撃があったのかと勘違いし騒然とすると「奴(ヒンクリー)は、またしくじった」とジョークを飛ばし、聴衆を大いに沸かせた。

ということがこの事件の2ヶ月後にあったのですが、以下がその時の映像です。

喋っている途中に風船が割れる音がするとすぐに「Missed Me」と言ってます。すごい機転ですね。


Reagan was giving a speech in West Berlin when a balloon popped very loudly - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年11月12日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あるかもしれない自然の風景や動物」です。

次のブログ記事は「11月13日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。