サイト内検索:

家に入れずに困っている猫を助けてあげる警察官

Few will be enjoying the rain in London today, let alone Downing Street's chief mouser Larry the Cat. He was stuck outside on the steps of No 10 earlier, hoping someone would let him inside to dry off his fur. Thankfully, a police officer came to his aid...

家に入れずに困っている猫を助けてあげる警察官の映像なんですが、これがBBCのニュースなんです。

なんでこんなのがBBCのニュースになるかというと入っていく家が「10 Downing Street」なんです。日本語だと「ダウニング街10番地」です。ここは日本で言えば首相官邸、米国で言えばホワイトハウスみたいなところです。

ダウニング街10番地

で、なんでそんな家に猫が入っていくのかというと、この猫は職員だからです。え、猫が職員?

Wikipediaから引用してみましょう。

ダウニング街ではネズミが多く住み着いており、1500年代初期からネコをネズミ捕り兼ペットとして飼っていたが、1924年からは「首相官邸ネズミ捕獲長(Chief Mouser to the Cabinet Office)」として正式に「雇用」している。身分は公務員と見なされる。給与は2005年時点で年100ポンド。

ということで、この猫はLarryという名前でChief Mouserなのだそうです。

で、ダウニング街10番地をライブ中継しているときにたまたまこの映像が流れ、「もっとも英国らしいシーン」ということで話題になったようです。


Downing Street's Larry the Cat gets a helping hand from police - BBC News

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2018年11月26日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JazzのBlue Noteレーベルのジャケットの作られ方」です。

次のブログ記事は「IKEAの心温まるCM「Lamp 2」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。