サイト内検索:

アメリカ国歌をマイナーキーに転調するとロシアのバラードみたいになる

Bill Bailey performing at the Prince's Trust Gala "We Are Most Amused and Amazed" at the London Palladium.

イギリスのコメディアンであり俳優でありミュージシャンでもあるビル・ベイリーさんによるプレゼンテーションです。

有名な曲を転調して聴かせてくれています。

「エリーゼのために」のメジャーキーもなかなかですが、アメリカ国歌をマイナーキーにするとほんとにロシアの曲のようになっちゃうってのがびっくりです。まあ弾き方にもよるんでしょうけど。

ちなみに私はバイエルをクリアした程度でピアノは弾けるのですが、子供が小さい頃は同様に「ちょうちょ」などの同様をマイナーキーに転調して聴かせていました。子供がすごい気持ち悪い顔するのが面白かったなあ。


Bill Bailey - Major / Minor (We Are Most Amused and Amazed 2018) - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2019年1月15日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2本のギターを使ってマイケル・ジャクソンの「スリラー」を弾く男」です。

次のブログ記事は「1月16日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。