サイト内検索:

葉っぱの中を分子レベルまで近寄って見てみると

California Academy of Sciencesが公開した注釈付きのビデオです。

森の俯瞰映像から葉っぱへとクローズアップしていき、葉っぱの中に入り込みさらにさらに内部へと入っていくという構成になっています。

注釈付きということで、その注釈がビデオの説明文にも同じように掲載されているのでGoogle翻訳などを屈指しながら見てみてください。ちなみによく登場するATPというのはアデノシン三リン酸( Adenosine TriPhosphate)のことで

ATPは真核生物や真正細菌の全てが利用している解糖系でも産生される物質であるため、地球上の生物の体内に広く分布する。生体内では、リン酸1分子が離れたり結合したりすることで、エネルギーの放出・貯蔵、あるいは物質の代謝・合成の重要な役目を果たしている。すべての真核生物がこれを直接利用している。生物体内の存在量や物質代謝におけるその重要性から「生体のエネルギー通貨」と形容されている。

というものだそうです。

このビデオ、植物学とか生物学とか全然わからなくてもとりあえず細部の細部の細部はこんな感じなんだなって感じることはできると思いますので一度ご覧下さい。


Travel Deep Inside a Leaf - Annotated Version | California Academy of Sciences - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2019年1月23日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月23日のラッキ−さん」です。

次のブログ記事は「紙を折って広げるだけでアニメーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。