サイト内検索:

Deepfakeを使って超実写版「ライオンキング」をアニメ顔にしてみる

今上映している「ライオンキング」はCGで生成された動物が活躍するわけですが、これを実写版と呼ぶのはちょっと違うだろうと思っていたのですが、先日私の母と「ライオンキング」のCMをテレビで観てみたら母が「これ、よく動物を仕込んでいるし、こんなに動物をどうやって集めたんだろうね」なんて言い出して、「いやいや、お母さん、これは本物の動物じゃなくでCGですよ」と言ったのですがまあそんな感じでこれをCGだと思わずに映画観ちゃう人もいるんでしょうねえ。

ということでDeepfakeを使って超実写版「ライオンキング」をアニメ顔にしてみたビデオです。

アニメ顔の動物を本物側に寄せたのにまたそれを元に戻すという発想が素晴らしいなと思いました。


I used "deep fakes" to fix the Lion King - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2019年8月19日 20:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんだこのカタツムリは!?って感じのカタツムリ」です。

次のブログ記事は「8月20日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。