サイト内検索:

ディズニーの研究所が作っているソフトなロボットアーム

We present the hardware design and fabrication of a soft arm and hand for physical human-robot interaction.

Disney Research Studioが現在柔らかい手と腕のロボットを作っているようです。

まんまビデオの説明文とそれを翻訳にかけたものを掲載しますと、

The six DOF arm has two air-filled force sensing modules which passively absorb impact and provide contact force feedback. The arm has an inflated outer cover which encloses the arm's underlying mechanisms and force sensing modules. An internal projector projects a display on the inside of the cover which is visible from the outside. On the end of the arm is a 3D printed hand with air-filled, force sensing fingertips. We validate the efficacy of the outer cover design by bending the arm to reach out and grasp an object. The outer cover performs as intended, providing enough volume and range of motion for the arm to move, and stretching at the elastic relief features in the cover. We also validate the hand design by implementing a grasping algorithm in which the fingers follow a closing trajectory, make contact, then maintain a given range of fingertip pressure. Using this algorithm, the hand is able to gently grasp a soft object.
6自由度アームには、空気で満たされた2つの力検出モジュールがあります。 受動的に衝撃を吸収し、接触力のフィードバックを提供します。 腕には、腕の周りを囲む膨らんだ外側カバーがあります 基礎となるメカニズムと力検出モジュール。内部 プロジェクターは、カバーの内側にディスプレイを投影します 外から見える。腕の端には3Dプリントがあります 空気で満たされた力検出指先を持つ手。検証します 腕を曲げて外側のカバーを設計する効果 オブジェクトを取り出して把握します。外側のカバーは意図したとおりに機能し、 腕に十分なボリュームと可動範囲を提供します 移動し、カバーの弾性レリーフ機能でストレッチします。 また、把握を実装することにより、手のデザインを検証します 指が閉軌道をたどるアルゴリズム、make 接触してから、指先の圧力の一定範囲を維持します。を使用して このアルゴリズムにより、手は柔らかい物体を優しくつかむことができます。

だそうです。

ベイマックスを作ろうとしているんでしょうかね。


Design and Fabrication of a Soft Robotic Hand and Arm System - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2019年9月18日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ほとんど役に立たない/使えない発明集」です。

次のブログ記事は「ミニチュアのドラムセットでSystem Of A Downの「Toxicity」を叩いてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。