サイト内検索:

中学2年生の女の子が作った車内から見えないところを見えるようにする技術

This is Alaina Gassler's Science and Engineering Fair project in 2019. She completed this as an 8th grader at Avon Grove Charter School in West Grove, PA.

中学2年生の女の子が作った車内から見えないところを見えるようにするシステムです。

Many car accidents are caused by drivers not being able to see hazards due to blind spots. My prototype is designed to get rid of those blind spots by displaying an image of the area behind them onto the spot. I used a small projector as the displaying device and a webcam as the recording device. The webcam is mounted onto the outside of the car, and the projector displays the image only the A-pillar of the car. To help the image become brighter and clearer, I used a reflective fabric that reflects the picture only to the driver. This prototype has the potential to greatly reduce blind spot related car accidents.
車内のブラインドスポット(死角)と呼んでいる外の風景が見えない部分を見えるようにすべく、ウェブカメラ、3Dプリントされたパーツ、LEDスクリーンを使って作られています。

こちらのシステムはThe Broadcom Foundation MASTERSというプログラムに応募され、Society for Science & the Public賞を受賞し、作った14歳のAlaina Gasslerさんは賞金として$25,000をゲットしたそうです。

同じようなのをメーカーが研究しているのを見たことがありますが、14歳の子が作れたということは考えている以上にシンプルで安価に実現できるものなのかもしれません。


ScienceFairBlindSpotMovie2019 - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2019年11月 8日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プールの水を汲んで山火事を消火するヘリコプター」です。

次のブログ記事は「ヨコバイとその仲間達」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。