サイト内検索:

ジャコの「トレイシーの肖像」をガットギターで

クラシックギター奏者であるCésar Silvaさんによるジャコ・パストリアスの「トレイシーの肖像」の演奏です。

ジャコの「トレイシーの肖像」はジャコのファーストアルバム「ジャコ・パストリアスの肖像」に収録されたもので、ジャコのトレードマークでもあるハーモニクスが多用された名曲であります。

私もこの曲はコピーしようとしたことがあるのですが、ハーモニックスの始めの方の段階でE♭(D#)のハーモニックス音が出ているのですが、これがどこをどうやったらこの音が出るのか分からず、いろいろ調べた結果、2弦(A)の2フレットを人差し指で押さえつつ、6フレット上に小指を置いて出しているということがわかり、試してみると指が届かず「物理的に無理!」と言って諦めたことがあります。

この方のようにギターでやってみるというのも手なんでしょうけど、やっぱりギターのハーモニックスってあまり綺麗じゃないんですよねえ。

まあそれはそれとして、実際にガットギターで弾いてみるとどんな感じになるか、というのを以下のビデオでご確認ください。


Jaco Pastorius - Portrait of Tracy (Classical Guitar) - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2019年11月20日 19:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「崖っぷちでバク転をする男」です。

次のブログ記事は「日本人アーチストによる石に描いた動物のアート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。