サイト内検索:

2月28日のラッキーさん

BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「そろそろレゴを売却でしょ」さんです。

レゴを売っちゃうつもりなのだ。

というブログさんなのですが、日本のブログ初期に登場したワードサラダ的なブログさんでした。

ワードサラダというのはWikipediaによると、

ワードサラダ(Word salad)、言葉のサラダとは、文法としては正しいが、意味が破綻している文章のこと。

というやつです。

んで、なんでそんなものが存在するのかというと、

検索エンジンやメールのスパムフィルタを回避して、閲覧者を特定のウェブサイトに誘導することを目的としている。 誘導先のサイトは、アドセンスやアフィリエイト収益のみを目的としたサイトや、アダルト・違法サイト、閲覧者をウイルスに感染させることを目的としたサイトが多い。過去に著名人や企業が保有しており、所有権が失効したドメインを悪用したケースも存在する。

というわけです。具体的にどんなテキストになるかというと、

ワードサラダは多くの場合、検索エンジンの検索結果やRSSなどのウェブ上に存在する文章を元に、形態素解析・構文解析を使用して自動生成される。 このため、例えば「昨年は山に登ったので、今年は海に行きました。」と「今年はプールで泳いだので、来年は海で泳ぎます。」の2文から、「今年は山で泳いだので、来年はプールで行きました。」のような支離滅裂の文章ができる。

ということになります。

んで、それが最近はあまり見られなくなったのは、

2010年頃には検索エンジンスパムの手法としてよく用いられていたが、googleが2011年2月に検索アルゴリズムを改良(通称 パンダアップデート)したことから、その多くが排除されるようになった。そのため、検索エンジンスパムの手段としては有効ではなくなった。

ということで、効果がなくなったから使われなくなった、ってことなんですね。

ちなみに今日のラッキーさんの最近記事の冒頭を引用しますと、

日本語ではないかと、思わざるをえません。ところというのが本来なのに、技能の方が優先とでも考えているのか、実習などを鳴らされるたびに、見るなのにどうしてと思います

という感じで支離滅裂ですよね。

SEO的に効果がない、ってことになっているのにこうやってまたやっているってのはもしかしたら別の目的があるのかもしれませんね。

そんな感じのラッキーさんでした。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2020年2月28日 19:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頭を使って空気入り緩衝材を潰して遊ぶ子ども」です。

次のブログ記事は「20世紀フォックスの映画のオープニングテーマ曲をギターで舌で弾く男」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。