サイト内検索:

橋を建設する時の新しいテクニック

A new kind of bridge construction opens and unfolds like an umbrella, creators say.

ウィーン工科大学の建築工学者が2006年から取り組み現在試作段階にある新しい橋の建設テクニックは傘の構造を利用するというものです。これにより速く、安く橋を造ることができるようになるそうです。

従来の種類の橋の建設の代わりに、つまり 鉄筋が敷設され、コンクリートが構造物に充填されると、長期の足場を設置します。このメカニズムは「閉じた」傘のように構築され、最終位置に展開されます。 そこから、その中空桁にコンクリートが充填され、残りの構造要素が完成します。

足場を使用した橋の建設には通常数ヶ月かかるそうですが、この工法だと2〜3日で完了することができるそうです。ただ、この工法が使える地形には制限もあるようです。

デス・ストランディングというゲームをやっていると橋の重要性というのを痛感しますので、この工法がポピュラーになって「なくてもなんとかなるけど、あればとても助かる」という所に橋がかかるようになるといいですね。

via Bridge Construction | New Way to Build Bridges

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2020年3月11日 21:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月11日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「覚えておけば役に立つ時がくる?サイズが合わないものを段ボールに入れる方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。