サイト内検索:

NASAが撮影し続けた太陽の10年をタイムラプス映像で。

As of June 2020, NASA's Solar Dynamics Observatory -- SDO -- has now been watching the Sun non-stop for over a full decade.

NASAが10年間撮影し続けた太陽の映像です。

1秒あたり24フレームで1フレームあたり1時間となっています。つまり1秒が1日ですね。で、10年分だと約3650日ですから3650秒、つまり約60分の映像となるわけです。

同じような映像が続くので飽きるかもしれませんが、ビデオのコメントを見ると53:29あたりに日食などもあるみたいですし、子供が生まれた日や結婚した日の太陽が見れたと喜ぶ人もいたりするのでYouTubeでコメントも併せて読んでみて下さい。


A Decade of Sun - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2020年7月 9日 21:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月9日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「ジャグリングに今っぽい体の動きを取り入れた人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。