サイト内検索:

怒れるサンタが主役のノルウェーの郵便サービスのCM

怒れるサンタが主役のノルウェーの郵便サービスのCMです。

なんでサンタさんが怒っているかって?

まずサンタさんは自分が時代遅れの存在になっているのではないかと考えています。昔はなんでもとてもシンプルで家に行けば子供達がみな彼を歓迎したものでした。でも今は見知らぬ人を家の中に招くようなことを誰も望んでいません。サンタさんの居場所がなくなったのです。そして郵便サービスが1日中配達を行うようになってから彼の没落が始まったと考えています。荷物の配達はトラッキングナンバーと共に行われ、煙突から入って配られるものではなくなりました。

赤い帽子をかぶり、「フェイクニュース」を唱え、気候変動に反発し、自分のアイデンティティを否定し、夕食にトナカイを要求するなど、彼は過激化していきます。

しかりある日、ドアのベルが鳴ります。誰が来たのだろうと確認するとそこには女性の郵便配達人がいました。郵便配達人が彼に郵便物の山を手渡すとき彼女は彼に「ゴッド・ジュル」(「メリークリスマス」)と言います。その瞬間、サンタさんは自分が相変わらず愛されていることに気づき、驚きと優しさと温かさを感じながら郵便配達員に「ゴッド・ジュル」(「メリークリスマス」)と言うのでした。

というお話です。

まあ日本の郵便局のCMよりはいいかな。


Posten - Santa from Matias & Mathias on Vimeo.


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2020年12月 2日 17:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「部屋の中でスケボーのストップモーションビデオを一人で作った男」です。

次のブログ記事は「12月3日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。