サイト内検索:

「ボブの絵画教室」のボブのナレーションを使って紹介するバンクシーの新作制作過程

誰もが一度は見たことがあるであろう「ボブの絵画教室」のボブのナレーションを使ってバンクシーがイギリスのレディングにある廃墟と化したイギリスの刑務所の外壁に描いた新作の制作過程を紹介するものです。

で、この新作ですが、「Create Escape」(スティーブ・マックイーンの映画「The Great Escape」(大脱走)に引っ掛けているんでしょうね)とネーミングされているわけですが、この刑務所にはオスカー・ワイルドが収容されていたことで有名で、オスカー・ワイルドといえばアイルランド出身の詩人、作家、劇作家なので、タイプライターの紙が脱走のための紐として使われている絵となっております。

いろいろ皮肉が効いていて相変わらずいいですね、バンクシー。


Create Escape - YouTube

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2021年3月 8日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月8日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「洗面所の鏡の後ろになぞの部屋があった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。