サイト内検索:

映画の最近のブログ記事

Jackie Chan - Parkour Compilation

ブルース・リーと違ってジャッキーのアクションはコミカルでありつつ「おお、すげー!」というもので大好きなのですが、そんなジャッキーのいろいろな映画からのアクション集です。私は壁を蹴ってフェンスを乗り越えるやつが好きです。それぐらいだったらなんとか真似できそうじゃないですか。

わかっちゃいるけど、これまでよく死にませんでしたよね。


Jackie Chan Parkour Compilation - YouTube

これはすごい!

ということで3月26日(金)公開予定の映画「JUNK HEAD』予告編です。

たった一人で独学で作り始め7年かけて完成させた、 奇跡のSFストップモーションアニメ。 伝説のカルトムービーが遂に公開決定!

クレーストップモーションムービーというのはこのブログでも結構紹介していますが、これはレベルが違いますね。

クレームービーだとどうしてもクレー人形がメインになってしまうのですが、「JUNK HEAD」の場合は舞台セットもしっかり作られていますし、ライティングも考慮されていますし、カメラアングルも実に斬新です。


【公式】映画『JUNK HEAD』本編映像解禁!/3/26(金)公開

Make sure to watch with headphones and don't play Animal Crossing late at night... Made with 3 people and a Blackmagic pocket camera during quarantine!

PEEKというのは「ちらっと覗く」という意味なのですが・・・。

部屋でNintendo Switchで「どうぶつの森」を遊んでいると、なぜかゲームの中でタンスの引き出しを開ける/閉めるとかライトをOn/Offをすると自分の部屋のタンスの引き出しが開いたりライトがついたり消えたりするようになりました。

最初はそういうのを面白がっていたのですが・・・

ビデオの説明文にもありますが、イヤホンとかヘッドホンを使って見てみてください。部屋を暗くするとより効果的です。

そして7分程度の尺なのですが、たっぷり間をとった演技をしているのでじっくり腰を据えてみてください。


DON'T PEEK - Animal Crossing Horror Short - YouTube

Inspired by true events and filled with messages of empathy and hope, Umbrella follows Joseph's story, a boy who lives in an orphanage and dreams of having a yellow Umbrella.

邦題を付けるとしたら「思い出の黄色い傘」かなあ。

ということで、8分程度のちょっと考えさせられるCGショートムービー「UMBRELLA」です。

黄色い傘を持っている女の子の帽子の色を覚えておくとエンディングがよくわかると思います。あ、あとスタッフロールのところもちゃんと見てくださいね。でないと途中経過がわかんないから。


UMBRELLA | Award-Winning and Oscar®-Qualified CGI Animated Short Film - YouTube

HBOが始めた動画配信サービス「HBO Max」では過去の名作も見られるようなのですが、そういった過去の名作の予告編をその当時のものを使うのではなく「Modern Trailer」と称して現代っぽく編集して視聴者の興味をそそっているようです。

ということで、今っぽく編集された過去名作のいくつかをご覧ください。確かにこれはまた見たくなるわ。

まずはエイリアンです。

そしてエクソシスト。

こんな感じの予告編を見たい人は以下のHBOのYouTubeチャンネルページの「Modern Trailer」の項でご覧ください。

HBO Max

それにしてもスタジオがそれぞれ独自に動画配信サービスを始めるとNetflixとかAmazon Primeにそのスタジオの映画が流れてこなくなるからこれはこれで困りもんだなあ。

Pixarの短編映画集「SparkShorts」から2つの作品が公開されました。「SparkShorts」はどちらかといえばプロジェクト的なもので短編映画を通じて新しい作家を発見し斬新なストーリー展開を開拓することで、新たな製作作業工程を見出そうとするというものです。

Pixar Animation Studios and the SparkShorts filmmakers of WIND are in solidarity with the Asian and Asian American communities against Anti-Asian hate in all its forms. We are proud of the onscreen representation in this short and have decided to make it widely available, in celebration of what stories that feature Asian characters can do to promote inclusion everywhere.

んで、どちらもアジアが舞台なのですが、それには理由があって、パンデミックの台頭により、アメリカではアジア人やアジア系アメリカ人に対するヘイトクライムが続々と発生しているそうです。こうした状況の下、PixarとSparkShortsはあらゆる形の反アジア憎悪に反対し、アジア系・アジア系アメリカ人コミュニティと連帯しこの作品を制作し公開したそうです。

ということでご覧ください。


"Float" Full SparkShort | Pixar - YouTube


"Wind" Full SparkShort | Pixar

Disney and Pixar invite you to experience a summer like never before. Luca arrives June 2021.

米国で6月に公開予定のピクサーの新作映画「ルカ」の予告編です。

Wikipediaから引用しますと、

イタリアのリヴィエラを舞台に、主人公の少年ルカが忘れられない夏を経験する。彼は新たな親友と共に冒険に繰り出すこととなるが、その正体は海底に潜む別世界から現れた海獣であり、その事実が彼らの友情に亀裂を生じていくのだった。

というお話のようです。

最初予告編を見た時は少年2人によるジュブナイル的なお話で物語の中で成長していく様を描くだけなのか?と思ったのですが、まさか水に触れると海獣になってしまう人種だったとは。

監督は長編は今回初になる(?)エンリコ・カサローサさんです。

ちなみにピクサー映画の映画館公開は前作の「トイ・ストーリー4」から2年ぶりなんだそうです。無事映画館公開できるといいですね。


Disney and Pixar's Luca | Teaser Trailer - YouTube

What can we learn by examining only the first and final shot of a film? This video plays the opening and closing shots of 55 films side-by-side.

映画のオープニングの映像とラストシーンの映像って似ていることが多くって、それは意味があってのことなのでそれが大きなテーマになっているような場合があります。

ということで55個の映画のオープニングとラストシーンを並べてみた、というビデオです。55の映画のリストはビデオの説明のところに掲載されているのですが、うーんどうしよう、引用しようかな。うん、引用しよう。

The Tree of Life 00:00
The Master 00:09
Brokeback Mountain 00:15
No Country for Old Men 00:23
Her 00:27
Blue Valentine 00:30
Birdman 00:34
Black Swan 00:41
Gone Girl 00:47
Kill Bill Vol. 2 00:53
Punch-Drunk Love 00:59
Silver Linings Playbook 01:06
Taxi Driver 01:11
Shutter Island 01:20
Children of Men 01:27
We Need to Talk About Kevin 01:33
Funny Games (2007) 01:41
Fight Club 01:47
12 Years a Slave 01:54
There Will be Blood 01:59
The Godfather Part II 02:05
Shame 02:10
Never Let Me Go 02:17
The Road 02:21
Hunger 02:27
Raging Bull 02:31
Cabaret 02:36
Before Sunrise 02:42
Nebraska 02:47
Frank 02:54
Cast Away 03:01
Somewhere 03:06
Melancholia 03:11
Morvern Callar 03:18
Take this Waltz 03:21
Buried 03:25
Lord of War 03:32
Cape Fear 03:38
12 Monkeys 03:45
The World According to Garp 03:50
Saving Private Ryan 03:57
Poetry 04:02
Solaris (1972) 04:05
Dr. Strangelove 04:11
The Astronaut Farmer 04:16
The Piano 04:21
Inception 04:26
Boyhood 04:31
Whiplash 04:37
Cloud Atlas 04:43
Under the Skin 04:47
2001: A Space Odyssey 04:51
Gravity 04:57
The Searchers 05:03
The Usual Suspects 05:23

一度見たことがある映画もこうやって再度オープニングとラストシーンを観ると「なるほど」と感じることができるかとおもいます。ではお楽しみください。


First and Final Frames from Jacob T. Swinney on Vimeo.


PETER JACKSON REVEALS SNEAK PEEK OF HIS UPCOMING MUSIC DOCUMENTARY "THE BEATLES: GET BACK" ONLINE AND STREAMING ON DISNEY+

2021年8月27日から劇場公開予定のビートルズのドキュメンタリー映画「The Beatles: Get Back」ですが、その監督であるピーター・ジャクソンによるスニーク・プレビューです。

監督が冒頭でも申しておりますが、これは予告編ではなく映像素材を並べたものレベルのもののようです。とはいえ、映画「Let It Be」に比べるとメンバーがとても楽しそうに演奏していて、とても解散間際のあのピリピリした雰囲気は全然ありません。

冒頭1分30秒ぐらいがピーター・ジャクソン監督によるコメント、その後に「Get Back」が始まります。

ほんとにみんな仲良しっぽなあ。


The Beatles: Get Back - A Sneak Peek from Peter Jackson - YouTube

『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』2021年9月3日全国ロードショー公開

「テニスの王子様」ですが、今度は3Dアニメで映画になるみたいです。

様々なメディアミックスにより多くのファンを獲得している、この人気漫画「テニスの王子様」の原作から、なんと新たにフル3DCGの劇場版アニメ―ション『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』がスクリーンに登場する。その超先行特報映像が公開された。
原作者・許斐 剛自らが製作総指揮を務め、構想を練った完全オリジナルストーリー。原作では描かれていない「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の物語の間にある、空白の3か月に迫るエピソードが原作者自らの手で展開される。2021年9月3日ロードショー!!

私は特にテニプリのファンではないのですが、演劇版のテニプリのあのアイディアには唸らされましたので、今回の映画版もどんなトリックが開発されたのかちょっと興味があります。

とりあえず公開は2021年9月3日とまだまだ先なのですが、その間にいろいろ情報が出てくるんでしょうね。楽しみです。

あ、そういえば他の何かのアニメの劇場(舞台)版が発表されたのを見たのですが、なんのアニメだったのかすっかり忘れてしまって非常に後悔しております。


【公式】新生劇場版「リョーマ!」超先行特報映像 - YouTube

【過去記事】

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはワインです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。